亀甲竜・ディオスコレア・エレファンティペス(Dioscorea elephantipes)

アフリカ亀甲竜現地株

美形のアフリカ亀甲竜 現地株です。もう手に入ることは無いと思い、手元で管理しています。ただ園場には置き場所がないため庭に置いてあります。

亀甲竜(キッコウリュウ)は、ヤマノイモ科に属します。名前のように亀の甲羅のようにゴツゴツとした芋肌が魅力的な塊根植物です。

亀甲竜は、種から育てていきます。羽のある種子で、ひらひらまいます。これを軽く覆土して適温においておくと、発芽してきます。

1年で2cmくらいの塊根ができます。育てるのが上手な方はそれ以上の大きさになるかもしれません。

2年目からは魅力でもある表皮のゴツゴツ感、割れが出てきて一気に亀甲竜らしくなっていきますよ。

亀甲竜は毎年植え替えてあげたほうがいい結果が出ると思います。鉢サイズに合わせてどんどん大きくなるので、毎年どこまで大きくなるのか。が楽しみで育てている方も多いはず。

また、亀甲竜は耐寒性があり、冬の管理もしやすいので、育てやすいです。当園は福井にありますが、野外管理しています。今年は雪に埋まりました。(すぐに救助しましたが元気そうでしたよ)

アフリカ亀甲竜の育て方

アフリカ亀甲竜は実生~2年目までの小さい株とそれ以降の株とでは少し育て方が違うと思っています。

違うと思っているポイントは、水の必要性。

小さい実生株は、乾きに弱いです。そのため、栽培用土も保水性がある程度あるように調整します。2年経ち、株が大きくなり、ひび割れも出てきましたら、保水性より排水性を重視した用土にします。根腐れ防止です。

一般的に亀甲竜の成長期は夏終わり~秋~春~7月中旬くらいと言われています。が、株によって葉の出すタイミングが違ってきますので、正直よくわかりません。

暑すぎる夏と寒い冬は成長しないというのは確かですが、それ以外はご自身の株の状態を見て、水やりしてください。

冬の終わりから春

完全に用土が乾き、翌日以降の天気予報を見て、晴れが続く日に水やりをたっぷりしましょう。

肥料も加えるとより早く肥大化します。

梅雨

梅雨の育て方は、水をやりすぎずに過ごすことが大事かと思います。湿度が常に高い、天気も悪い日が連続するため連日晴れが続かない限りは水は基本的にやりません。

風通しが良いところで管理しましょう。

夏本番

夏の間は、日差しが強いため塊根部に太陽が直接当たらないようにしましょう。遮光ネット30~50%ほどしてあげると安心です。

もしくは、半日陰に置きましょう。

風通しは常に良いところがおすすめです。

水やりのタイミングは、朝ではなく夕方4時以降の涼しい時間帯にあげることをおすすめします。朝ですと日中の高温で亀甲竜の裏側がかなり蒸れます。危険かと思います

基本的に7月中旬以降に葉がなくなっているので、水やりはそこまで必要になりません。夏の間は根腐れ防止のために断水する方もいらっしゃいます。

夏の終りから秋

春と同じ管理です。肥料を与えます。

雪が積もらない軒下に置くといいです。当園福井なので0度以下はそこまでありません。が、-3度あたりまでは軒下でも管理できます。

欲を言えば、5度を切らない場所が良いと思っていますが、他の植物も管理していますので、亀甲竜の場所はありません。

現地株をお持ちの方は、寒すぎないように注意しましょう。

水やりは、乾き具合、翌日以降の天気予報を見つつあげます。ただ、そこまで高頻度で水やりはしません。成長を期待せず、維持するような管理をしています。

育て方まとめ

強い日光は不要。置き場は風通しが良いところ。

春と秋には、水と肥料を与える。

貴方好みのきれいな形の亀甲竜を目指してみてください。私もきれいな亀裂を作れるよう試行錯誤しています。

アフリカ亀甲竜の実生

種を蒔き、実生に挑戦したい人へ、こんな風にアフリカ亀甲竜は育っていくという参考になるかと思い、育ち具合を公開します。

栽培が上手な方は、もっと1年で大きくしていると思います。

実生1年ほど

アフリカ亀甲竜の実生

この時期は、亀裂・ひび割れがまだ見られません。THE芋です。

実生2年ほど

亀甲竜の実生2年生

種まきから2年ほど経つとチビ亀甲竜になっています。

販売中の亀甲竜

現在、公式ショップで販売中の亀甲竜です。時期を見て、より大きな株も販売していきます。

亀甲竜の花

アフリカ亀甲竜の花

アフリカ亀甲竜の現地株から花が咲きました。

【輸入株】巨大亀甲竜

巨大な亀甲竜

植物園クラスの亀甲竜を輸入できました。根が出ており、活着しています。

大きすぎて、入る鉢が無いので、タライに入れています。土も大量に必要でした…

亀甲竜現地株

きれいな形の現地株。こちらも発根済み。一度葉が枯れましたので、ツルを切りましたが、また最近芽吹いてきました。

プラントブラザーズ:編集・投稿

プラントブラザーズは、福井県で塊根植物を育てています。

育てた実生苗や現地株を各ショップにて販売中。「ヤフー店」「公式ショップ」。

また世界各国から希少な種子を仕入れていますが、少量のみのためすぐに売り切れてしまうことが多いです。

メルマガにご登録いただくと、最新の新着入荷メルマガ内だけでの販売(シークレットセール)の情報を受け取ることができます。ぜひ、欲しい種子や実生苗をGETしてください。

塊根植物や種子にご興味がある方は、メルマガにご登録をお願いします。(登録は、メールアドレスとお名前のみと簡単)

» メルマガ登録はこちらからどうぞ(無料)

各SNSや店舗情報は下記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。